2006年12月18日

人は私達ではなく彼らの理由で購入する

人は私達ではなく彼らの理由で購入する



このあいだある人から電話がありました。彼は自分がオンライン上で販売している情報が既にインタネット上で無料で配布されているのではないかと恐れていました。


わたしはいつも言っているんですが(殆どのエキスパートが同意すると想います)、“人は私達ではなく彼らの理由で購入する”のです。


そして、それは真実なんです。


では、わたしたちは勝組の視点でどうこの問題を捉えるべきなのでしょうか?


まず第一に、何もしなくても売れてしまうものはありません。あなたがそれを自分のデスクや棚に飾りたいと想ったとしても、それは自動的に他の誰かが購入することには結びつきません。たとえそれが無料であっても、殆どの人はそれを“無料”と捉えるだけで、全体的に見れば価値を低く受取るか価値が無いと判断します。


いかがですか?


注意深く聞いてください!


“彼らがそれを購入するには1つ以上の理由がなければなりません。”


わかります?もう一度読み返してください。


第二に、あなたは見込客に対してあなたの商品を購入すべき理由をできるだけ提供してください。そうすれば、そのうちの1つが見込客にアピールできるかもしれません。


第三に、実質的に無料のものはありません・・・(空気は例外かもしれませんが)


ハイ!インタネット上には多くの無料情報が存在しているのは事実です。しかし、それって本当に無料ですか?もちろん違うはずです。


それらのいくつかは広告宣伝費でまかなわれて無料配布されているかもしれません。でもあなたがその無料情報に辿り着くために何十時間も費やしたとなれば、あなたには時間というコストが発生したことになります。時間はある意味、お金よりも貴重なものです。時間を買うことは不可能だからです。でも、あなたはいつでもより多くのお金を儲ける事ができるのです。


わたしは質問者にアドヴァイスしました。情報の価値はその文字だけではないことを:

1.配送

2.フォーマット

3.整理されている

人によっては情報をペーパーベースで入手することを希望しています。


ある人はラジオを通じて情報を入手することを望んでいます。まだ多くの人が雑誌や書籍から情報を得ることを望んでいるのです。またある人はオーディオテープから情報を入手したり、ウェブページ上で読みたいと望んでいたりします。


上記の3つの要素によりさまざまな形態を望む人たちがいるのです。1つ2つではありません。


わたしに質問してきた彼が答えるべき質問は、“現在の配送方法、フォーマット形態、整理の仕方で提供されている情報ではなく彼から見込客が購入すべき理由”ということになります。


競争(例えば無料配布物との競合であっても)は問題となりません。問題は想像力です。


あなたの情報が書棚に格納されるのに相応しくないのなら、どうしたら見込客が購入したくなるように情報を提供するかを考えてください。



============================================
Internet Marketing Consulting
Fastest & Lowest Risk for Internet business!
============================================

日本のインタネットマーケティングを変え続ける

brainers(ブレイナーズ)
http://www.e-brainers.com/ 

============================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by サラリーマン at 07:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス・販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。